【花沢健吾】現代に暗躍する忍者によるバイオレンスアクション「アンダーニンジャ」【あらすじ 感想】

こんにちは、まーる(@cisca_ksksty)です。

オススメ漫画を紹介していきます。

まーる

今回は「アンダーニンジャ」という作品を紹介します。
作品情報からどうぞ!

目次

作品情報

作品情報

  • 作品名 アンダーニンジャ
  • 作者名 花沢健吾はなざわけんご
  • 出版社 講談社
  • 掲載誌 週刊ヤングマガジン
  • 掲載期間 2018年7月〜
  • 既刊 10巻 7月24日現在

「アンダーニンジャ」は花沢健吾先生の作品です。

花沢健吾先生といえば、「アイアムアヒーロー」がとても有名で面白いですが、「アンダーニンジャ」は同等かそれ以上に面白いと思います。

2023年10月よりアニメ化も決定しており、とても楽しみです。

あらすじ (※ここから若干のネタバレあり)

主人公は雲隠九郎くもがくれくろう

ヤンマガWeb公式サイトより 作者:花沢健吾

太平洋戦争後、GHQにより解体され消滅した忍者組織。

しかし戦後70年が過ぎ、紛争やテロの時代に突入する中で、消滅したかに見えた忍者の精鋭は極秘裏に暗殺や破壊活動に従事していた。

そしてのその他多くの忍者も日本国内のあらゆる組織に潜伏し、秘密裏に国民を監視。

その数約20万人といわれたが、末端の忍者である九郎は職にあぶれ、ニート同然の生活を送る。

しかしそんな九郎のもとに重大な任務が届く、、

まーる

という流れでスタートします。忍者なのにニートの九郎ですが、実は凄い奴なんです。

独断と偏見によるランク評価

4つの項目を1〜10点でランク付けしてみました。

個人的なランク

  • ストーリー  【10】
  • デザイン   【8】
  • キャラクター 【10】
  • オリジナリティ【10】
  • トータル   【38】

ストーリーがとにかく面白いです。花沢健吾先生が作る忍者とバイオレンスアクションの組み合わせが最高にマッチしています。

忍者漫画といえば私はNARUTOをイメージしますが、また違った方向性の忍者物でいいですね。かなりオリジナル感あります。

アイアムアヒーローもそうですが、花沢健吾先生の作品はキャラクターが個性的で好きになりやすいです。

私は九郎と同級生の野口の掛け合いが好きです。

まとめ

こんな方にオススメ

  • アイアムアヒーローが好き
  • バイオレンス感にハラハラしたい
  • アニメ化するので原作を先読みしておきたい

マジで面白すぎる

ヤンマガは面白いのが多いのですが、その中でも個人的には1番面白いです。

アニメ化楽しみすぎるんですが、隔週連載なので原作の進行が遅い点だけ残念です。

しかしあまりにも面白すぎるので是非とも読んでみてください。

花沢健吾先生はTwitterをされていますので、フォローしてみてください。

アンダーニンジャ公式Twitterもありますのでこちらもどうぞ。

ヤンマガ繋がりでこちらの作品も面白いのでどうぞ!

オススメ電子書籍

・電子書籍を購入するならDMMがオススメ!

DMMブックスは初回購入限定で最大100冊まで70%OFFになるキャンペーンや、期間限定で、買った本の最大70%ポイント還元をやっていたりと、ありえないくらいの大盤振る舞いをしています。

7月も色々お得なセールをやっております!

登録の流れ

  • DMMブックス公式サイトに登録する
  • DMMブックスアプリをインストールする
  • DMMブックス公式サイトより読みたい漫画を購入
  • DMMブックスアプリにて同期して購入した漫画をDLする

たったこれだけです!1と2は最初だけなので、購入するときは3と4のみ!勿論登録は無料!

今後も魅力的なセールを期間限定で行う可能性が高いのと、無料で1巻を読める漫画がかなり多いのでオススメします。この機会に電子書籍ライフを楽しみましょう!

それではまた!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

まーるです。
漫画や生活雑貨をメインに色々紹介していきます!
脱サラしたいと思う今日この頃です。
趣味は漫画と競馬です。よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる